天香點茶

「點茶」とは熱いお湯でお茶を入れること。これは宋代文人が優雅な生活を送るのに欠かせないもの で、日本の茶道の発展にも大きな影響を与えています。「天香楼」では宋代徽宗の「大観茶論」の七 湯點茶法に基づいて、最高級のお茶粉をテーブルサイドで立てるパフォーマンスを行っています。独 特なリズムの中、白茶の抹茶で宋代文人の喫茶文化を存分にご体感ください。 

關連情報

戻るリストページへ